TABITHA「タバサ」
オリジナル・セレクト・オーダーメイドジュエリーのインターネットショップ
●宝石の町、東京御徒町直結の工房です
●クレジットカード決済、コンビニ後払いもできます
 

ホーム   オリジナルジュエリー   手彫りジュエリー   オーダーメイド   ショッピングのご案内/特定商取引法表記   リンク   



ジュエリー
零れ話


海の雫


生まれたままの美しさ
純粋無垢 の美しさ

誰の目にも ふれずとも
静かに輝く 海の雫

幾重にも 幾重にも 光をとじこめて
産みの苦しみまでも とじこめて・・・

海 から 陸 へ           
貝 から 人 へ
            母 から 娘 へ




                                

                                 





そのままの姿で 清楚に美しく輝く 海の宝石 − 真珠

真珠のように 上品で、美しく 優しい女性に 、との願いをこめて母から娘へ 贈られることも多い宝石です。

ヨーロッパのほうの ある地域では、女の赤ちゃんが生まれると真珠を一粒買い、お誕生日ごとに 一粒づつ 買い足していって、結婚する時に その真珠をネックレスにして持たせる という心温まる お話をきいたこともあります。

母が 娘に願うことは、ダイヤモンドのように 美しくきらびやかなものでなく、清楚でひかえめな中に、優しさと 美しさをたずさえた真珠のような女性であれ との思いなのでしょう。

でも、世界には 真珠のために 五番街のビルを手放した女性もいます。

カルティエのショーケースにあった 真珠の2連のネックレス。

御木本幸吉による真珠養殖が、ひろく 世界に広まるほんの少し前のこと、天然真珠でできたそのネックレスにはとびきりの値段がついていました。

その真珠に心とらわれたある富豪婦人は、持っていた五番街のビルとネックレスを交換してしまいました。

彼女が真珠を手に入れてまもなく、大量の養殖真珠が出回るようになり、天然真珠の価値も 大幅にさがってしまいました。

彼女が手放した五番街のビルは その後、カルティエのニューヨーク支店となりましたが、真珠に魅せられた彼女にとって、それは くやしいことだったのか?

それとも、 どうしても 自分のものにしたかったその真珠を手に入れた、 至福の喜びに なんら 変わりはないのか?

今となっては 知るすべもありません・・・


参考文献 「宝石物語」 銀座 審美堂









オンリーワンダイヤモンド   ジュエリー零れ話   ギャラリー   石留め加工のご依頼について   プロフィール   店長ブログ




Copyright2000-2011 by TABITHA OHTA-CHOKIN All Right Reserved.
※当サイト内すべての画像の転載・転用を禁止します。※