TABITHA「タバサ」
オリジナル・セレクト・オーダーメイドジュエリーのインターネットショップ
●宝石の町、東京御徒町直結の工房です
●クレジットカード決済、コンビニ後払いもできます
 

ホーム   オリジナルジュエリー   手彫りジュエリー   オーダーメイド    ショッピングのご案内/特定商取引法表記   リンク  



JEWELRY COLUMN
- ジュエリー零れ話 -

ダイヤモンドの話



仕事がら、たくさんのダイヤモンド達が私の前を通過していきます。

通過していくだけで、私のもとにとどまってくれたりしないところが、ちょっとさびしかったりもするのですけど、それはそれで、このダイヤ達はどんな人のもとに届き、どんな場所でこの深い輝きを放つのだろう と考えたりします。

硬度 10 という数ある宝石の中でも一番の硬さをもち、酸にもアルカリにも強く、そして何よりもあの凛とした するどく深い輝き・・・。

0,01ct ほどの小さなかわいいダイヤ達でもそれはきちんと主張してくれています。

ダイヤモンドの輝きを左右するのは、その石に含まれる内包物やキズ(CLARITY)、色調のちがい(COLOR)など、その石が持ち合わせている個性に加え、その魅力を最大限にいかしてあげたいと考えた人の知恵、つまり ’カット’。

博物館に飾られるような巨大ダイヤも、ピンキーリングにほんの一粒、愛らしくおさまったちっちゃなダイヤもそれは同じです。

ダイヤモンドであるという真実は、それをこよなく愛する人たちの手でみがかれることで限りなく光り輝き、人と共に歴史を刻んでいくのです。

ダイヤはダイヤによってしか磨かれません。 人が人によってみがかれていくのと同じようにですね。


    宝石研磨師の家に生まれた数学者、マーセルトルコウスキーが計算したラウンドブリリアントカットでは、ダイヤモンドの光学的効果を最大限にいかす理想的なプロポーションの比率がはじきだされています。
まさに人の知恵。

でも残念ながらその黄金の比率にちょっと届かなかった少しいびつなダイヤ達もいます。
そこに手を加えてあげるのもまた 人の知恵。

その石たちの長所を最大限にいかしてデザインし、 ジュエリーとして生まれ変わらせてあげます。
その時から ダイヤたちは また次の歴史を刻みはじめるのです。

次から次へと私の前を通り過ぎるダイヤたち・・・、その石たちの生涯にほんの少しだけど 私が加わったということ・・・。

そんなことを考えたとき、この仕事をしていてよかったなあ などと思うのです。

(2000/05/14)

オンリーワンダイヤモンド   ジュエリー零れ話   ギャラリー   石留め加工のご依頼について   プロフィール   店長ブログ




Copyright2000-2011 by TABITHA OHTA-CHOKIN All Right Reserved.
※当サイト内すべての画像の転載・転用を禁止します。※